無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

健康

2016年3月 9日 (水)

軍茶利明王健康法

軍茶利明王とは、クンダリニーの音訳だそうだ。

その昔読んだ桐山靖雄氏の「密教」という本に書いてあった。

クンダリニーは尾骨(通称は尾骶骨といわれる)のあたりに存在していて、

それが覚醒すると、脊髄を上昇し、チャクラを解放するということらしい。

チャクラは若い人には漫画の「ナルト」でおなじみであるかもしれない。

桐山氏によるとクンダリニーが覚醒するときには尾骨がグッと持ち上がるような

はがれるような感覚があるということだが、真言宗密教の大阿闍梨なる人が

行ったような修業をすることのできない凡俗の身では体験することはできない。

これに少しでも近づくことができるように尾骨をグッとそらすように(要するに

腰と背中を伸ばして)姿勢を正すと、何となくその感覚が味わえそうな感じになる。

ただし、この姿勢を続けるのはかなりきつい。実は中年になって腹囲がかなり

大きくなってきていたので、半分は腹囲を減らしたいという気持ちがあって、

数年前のある時に腰と背中を伸ばすようにし始めて、この頃ようやく慣れてきた

ところだった。腹囲も5-6cmは減ったようだが、最近になって桐山氏の記述が

思い出されるようになってきたのだ。尾骨をそらして腰を伸ばす姿勢は、

クンダリニーの覚醒の状態に似ているのではないかと思ってしまったのだ。

今のところ体調はいいのだ。

2015年7月22日 (水)

GOPAN

GOPANを使った米100%パンの作り方は添付されていたレシピどおりなのだが、

正確に量を測るのが(特に米の場合)厄介なので、米320gのところはカップに

2杯(2合)にしている。これでだいたい310g前後である。これを水でさっと洗って

(無洗米なので)、水とともに640gにしている。上新粉は80gだが、70gから85gまで

いろいろ試してみた。砂糖はきび糖を使って32gから50gまでいろいろ。

ドライイーストは最初は5g測っていたが、3gずつパックに入ったものがあったので、

今は2袋6gを使っている。塩は岩塩を7gから8g程度。オリーブオイルは13g前後。

ネット情報では、発酵しすぎると真中がくぼむので、アイスノンのような保冷材で

GOPANの上面を冷やすとよい、とあるが、今の季節ではまだはっきりしない。

ただ、焼きあがった後はしばらく冷やしても包丁で切るのは難しいので、

ラップでくるんで一晩冷蔵庫で冷やしてから翌朝切ると、薄く切れる。

2015年7月15日 (水)

ジョコビッチ選手と小麦

テニスのジョコビッチ選手が、しばらく前に

日本の錦織圭がテニスで勝つためには小麦を

やめなければならない、と言ったとニュース

が伝えていた。

何のことか?と思ったが、答えは

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」にあった。



内容はこの本を読んでもらうこととして、

彼にあやかって小麦をなるべく摂らないように

してみた。最近は毎朝食パンを食べていたのだが、

納戸に片づけていたライスブレッドクッカーの

GOPANを取り出して100%米パンを焼いて食べるようにした。



1週間ほど続けていると、確かに効果があるようだ。

それまでは腹にガスが溜まって、張って仕方が

なかったのだが、いつの間にかガスが減ってきた。

2015年4月 6日 (月)

耳かきを作ろう

耳かきはなかなかこれといったものが見つからない。

市販のもので高価すぎるものには手を出してはいないが、

なかなか気に入ったものがない。つまり使った感じがいまひとつなのである。

そこで、耳かきを作ってみようと思い立った。

ホームセンターでアルミの棒を買ってきた。

5mm×1000mmで\330だった。

8431_3

これを金属鋸で15cm4本と20cm2本に切り分けた。

8461


切り口はバリ(と言っていいのか?)があるので、やすりで削り取る。

8471


素手だと金属の粉が指に刺さってちくちくするので、作業用の皮手袋

(一足400円程度)を使用する。

1411_3


先端を丸やすりで削って、「さじ」の部分を作る。

1421


首のところを半丸やすりで大まかに削り、形を整える。

1431 1441 1451


手触りで「さじ」のヘラの部分がどちらを向いているかを判断しなければならないので、

「さじ」と同じ向きの胴部を平らに削った。

01401

01381

01391

01371

「さじ」の部分の調節が必要なので、都合3本作ってみた。

1461 1471_2

左端が1本目で、右端が3本目。3本目が最も使いやすい印象。

なお、仕上げは600番台の紙やすりで大まかに磨き、

その後に1000番台の紙やすりで仕上げを行う。

まだまだ改良の余地があるので、これからも削る予定。

うまくできるようならば、銀で作ってみたいものだ。

2014年12月18日 (木)

マラソンと筋崩壊

検診センターの医師から聞いた話だ。


先日の検診で、筋肉の酵素CK(クレアチンキナーゼ)が高い人がいたそうだ。

話を聞くと、マラソンに出場したということだったので、マラソンの影響で

筋肉が崩壊したことを説明したそうだ。しかし当の本人はそういったことを

知らなかったようで驚いていたという。42kmも走るのであれば、事前の

準備をしていることだろうが、身体の準備だけで知識の準備は行って

いないようだ。マラソンと筋崩壊というキーワードでネット検索をすると

かなりのヒットをする。長距離を走る人はきちんとそのことを理解する

必要がある。