無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

趣味

2015年8月16日 (日)

ありそうでない小物

アマゾンなどで調べると、LEDライトとレーザーポインターが一体となった製品がある。


また、電卓とレーザーポインターが一体になった製品も1つ見つけた。

しかし、電卓、LEDライト、レーザーポインターの3つが一体になった製品はなかった。

これらが一体となっていても、何の役に立つのかと考えてしまうのだが、

あると面白いと思ってしまった。

百円均一ショップのキャンドゥで小さな電卓を見つけた。

Dsc_0198

さらにホームセンターで配線用のプラスチックケースも見つけた。電卓が108円で、ケースが160円。
ケースに穴を穿って、ホームセンターで売っていたLED電球(3V, 0.2W)約300円、秋月電子商会に直接行って購入していた(数年前)レーザーモジュール(1個500円)を取り付ける。

Dsc_0210

Dsc_0211

側面に押しボタンスイッチを取り付ける。

Dsc_0212

配線図は(適当に描いたものだが)

Photo

これに合わせてスライドスイッチを押しボタンスイッチの横に取り付ける。

Dsc_0213

Dsc_0214

配線をはんだ付けして

Dsc_0220

はんだ付けの途中ケースの一部を溶かしてしまった。

単3電池2本がなんとか入った(実は電池ボックスの下面を0.5mmほど削ったのだが)。

Dsc_0221

蓋に電卓を両面テープでくっつける。

Dsc_0222

出来上がりは

Dsc_0216_3

Dsc_0217

隅っこにはんだごてが当たって、少し溶けてしまった。
スイッチの位置によって、これはOFFの状態。

Dsc_0223

これは電源ONでLEDがONの状態。

Dsc_0224

LEDはOFFで、レーザー1個だけON

Dsc_0225

スイッチの位置によって(というか、こうなるように配線したのだが)、
LEDとレーザー3個ON

Dsc_0226

作ったのはいいが、一体何に使うのやら。

ちなみに百均の携帯用の布ケースにすっぽり収まるので、携帯可能。

2015年8月 2日 (日)

太陽電池パネルのチャージコントローラー

太陽電池パネル(ソーラーパネル)でシールドバッテリーに充電していたが、

電圧計の数値が上昇しなくなってきた。変に思ってコントローラーからの出力を調べたら、

わずか3.2Vしかなかった。ソーラーパネルの電圧はテスターで調べると16Vはある。

このチャージコントローラーは12V/24V兼用で10Aまでの通電が可能なものだが、

Dsc_0205

以前に購入したときに一番安価だったものである。

壊れてしまっては、今のところ修理できないので、再び同じようなものをアマゾンで

注文した。

今度は20Aまで通電できるタイプであるが、到着までの間は、ソーラーパネルから

チャージコントローラーを通さずに蓄電池に直結しなければならない。

電流の逆流が生じるといけないので、間にダイオードを入れて配線しなおす。

Dsc_0207

ショットキーバリアダイオードという名前で、最初に秋月電子商会からソーラーパネルを

買ったときに同梱されていたものだ。それをケースに入れて使うことにした。

Dsc_0206

ホームセンターで120円程度のものである。

Dsc_0208

電線の一部を切り取ってそこにはんだ付けして、電線の端は自動車部品コーナーに

あった接続端子を取り付けた。

2014年7月 8日 (火)

手作り尺八

義父が亡くなったとき、それまで義父が吹いていた尺八を譲ってもらった。
尺八は吹いたことがなかったのだが、笛は好きだったので、何とか格闘して音が出るよう
になった。音が出るまでに1週間かかった。その後義父が通っていた尺八の師匠に1年ほ
ど吹き方を習うことができた。
仕事の都合で単身赴任することになったので、習うことができなくなった。
竹の尺八は一種の芸術品である。手入れもする必要があり、乾燥しすぎると竹が割れる。
手軽に扱うにはビニールパイプなどを加工して自分で製作するのが良い。
インターネット上に「尺八関連ホームページ」というのがある。
この中に「尺八の作り方」のリンクがあり、ここにかなりお世話になった。
ビニールパイプの加工は簡単にできた。ビニールパイプで尺八を作った後は、
ホームセンターに売っていたイレクターパイプで作ってみた。金属のパイプである。
加工用のドリルは電動ではなく、手回しのドリルしか持っていなかったので、
孔を空けるのが大変だった。孔の位置は「尺八の作り方」で確認した。
孔を空けた後は、やすりで孔の周囲を削って大きさを調整するのだが、
これも手間がかかって、でも面白かった。歌口はやすりで削り、
イレクターパイプのゴムのキャップをつかって顎当たりを作った。
写真は後日。
その次は、鉄パイプを芯として周囲が木でできている材料を使用した。

2014年5月 8日 (木)

英語を磨くには

英語の力を高めるには、英文を読むことが一番だと思うが、いつも同じことを続けていても自分がどの位置にいるのかが見えてこないことがよくある。

そういう時は外部の評価をもらうのがよいかもしれない。たとえばバベル翻訳協会のホームページにアクセスし、英文翻訳の評価をしてもらったりするのもいいと思う。

もうひとつの方法としては、回り道になるかもしれないが、別の外国語を学んでみることだと思う。しばらく前にフランス語を学ぶ機会があった。1年ほど 清岡 智比古氏の

「フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版) 」

をよんで、CDを聞いてみたところ、英語が格段にわかりやすく感じたことがある。

おすすめかもしれない。

Fランク大学生が、洋楽で英語を勉強し、TOEIC800、海外営業になれた方法

2014年5月 2日 (金)

医学英和その2

小学館のSPED EOSが使いやすいと書いたが、この辞書にも結構欠点がある。ラテン語系の単語が全く省かれているのである。もっともラテン語は英語ではないので、英和辞典には不必要なのであろうが、医学英語にはラテン語系の単語はしょっちゅう出てくるものである。

今後SPED EOSを改訂する機会があるのなら、ラテン語系の単語も収録してほしいものである。

2014年4月30日 (水)

医学英和

医学英和辞典の定番はステッドマン医学大事典で現在改訂第6版が販売されている。紙の辞典とCD-ROMがあり、さらにセイコーインスツルの医学系電子辞書にも搭載されている。

しかしながら実際はステッドマンは所有しておらず、使ったことがない。今まで使ったのは南山堂の医学英和大辞典(通称「加藤の医学英和」)で、第10版を最初に購入して使っていたが、これには発音記号がない。最新版の第12版には発音記号が記載されている。

ただし、研究社の医学英和辞典も含めて、当然ながら医学用語が中心で一般の単語は載っていない。

一般の英単語も調べようとすると、結局は電子辞書が便利になるのだが、紙の辞書の中でも小学館から出版されているプロフェッショナル英和辞典シリーズの中の SPED EOS (生命科学編)は一般の単語もかなり収録されておりまた医学用語もかなり収録されていて使いやすい。これを購入して以来加藤の医学英和はほとんど使う機会がなくなったのだが、残念ながら2004年の初版以来改訂されていない。値段も医学英和の中では3000円台と安く、購入しやすいので、小学館には改訂を希望したいところである。

2014年4月28日 (月)

紙の辞書

電子辞書は便利そうであるが、やはり紙の辞書がいい。

各ページの紙の手触りがいいし、使っていると小口の色が変わってきて使っている感じがよくわかるようになる。

財布に余裕のある場合は革装の辞書を手にいれたくなる。

革の手触りがよくて愛着がわくのだ。

しばらく前に手に入れたエクシード英和和英辞典の革装版は、winという単語が抜けていた。

使いやすい大きさの辞書で単語数も多くて気に入っていたのだが、疵が見えてしまって興醒めした。

エクシード英和辞典のほうはビニール装であるが、丈夫で使いやすい大きさなので常に机の上において通常使用している。

これでわからない場合はカレッジクラウン英和辞典やリーダーズ英和辞典(初版)を使っている。

2014年4月24日 (木)

英和辞典

英語の習い始めは中学校だったが、その時は三省堂のジュニアクラウン英和辞典を使った。

高校では同じ三省堂のクラウン英和辞典を使った。

その流れで大学に入ってからはカレッジクラウン英和辞典を使った。今となってはもう絶版ですが・・・

上智大学名誉教授の渡部昇一氏が学生時代に恩師(中学・高校時代の恩師の佐藤順太先生)から出された問題の一つnowadaysのsは何か、について渡部氏の著書(英文法を撫でる)を面白く読ませてただいたが、実はカレッジクラウンでnowadaysを調べると、その答えがちゃんと記載されているのである。

[古くは2語NOW (ad.)+adays (OE. dæg dayの属格形 dægsに、のちになって前置詞 a (<OE. on)の付加されたもの)]

このように簡潔に記載されており、使う人間によってはこの辞書は極めて有用な辞書なのである。

2014年4月22日 (火)

英語

英語は他国語なので、読み書きは難しい。

日本語は物心ついたときから使っているので、何気なく話し、読み、書くことができるし、物を考えるのも日本語で考えている。

一方英語は中学、高校、大学とある程度学んできたのにまだ読み書きは難しいし、英語で物を考えることはできない。

英語に慣れるためには英語を読むしかない。もちろん英語を話すnativeの友人がいれば英語で会話をするのが一番だと思うが。

大学生になって渡部昇一氏の「知的生活の方法」を読んだときに、このような生活ができるといいなと思った。その後、「続 知的生活の方法」も読み、英語へのあこがれのような思いが捨てきれなくなった。同書の中で紹介されていたハマトンの「知的生活」の渡部氏訳も手に入れたが、原書が読みたいと思い、当時検索したところ、米国のPowell bookというオンライン書店で1899年に出版された「The intellectual life」を購入することができた。結局はまだ読破してはいないが、学生社 直読直解アトム英文双書42のThe intellectual lifeを福岡の書店で手に入れ、読んでいる。抜粋版なので短く手軽である。この数年で10回ほど読みとおし、今もまだ読んでいる。この本はポケットに入れたままで、トイレに坐った時に読んでいる。まさしくトイレのハマトンである。10回も読んでいると解説をあまり読まなくてもだいたい理解できるようになる。さすがに英語の論文も読みやすくなったようである。

2011年5月16日 (月)

太陽電池2

またもやAmazonで面白そうな実用品を手に入れました。「ソーラーチャージャーLEDランタンライト」、リチウムイオンバッテリー3200mAを内蔵しているらしく、携帯電話の充電も可能だと言うことです。太陽電池パネルは小型ですが、表面のパターンをみると恐らく多結晶シリコンと思われます。太陽に向けた状態でテスターで測定すると8~9Vの電圧が確認できました。ランタンは1Wまたは3WタイプのLEDが使われているようでかなり明るいです。昔手に入れていたビクターの長時間ウエストバッテリー [BN-V856]5600mAhに充電可能かどうかも試してみたいところです。

より以前の記事一覧