無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

経済・政治・国際

2014年11月20日 (木)

反○団体

反捕鯨団体シーシェパード、日本の捕鯨に反対する団体である。

海のシェパード牧羊犬といった意味か?

反肉食団体というのはないのだろうか?

ベジタリアンにはそこまで肝の据わった人間はいないだろう。

あるいは反牛肉食団体カウシェパードとか、

反豚肉食団体スワインシェパードとか。

オーストラリア人はカンガルーを食うらしいから、

反カンガルー食団体カンガルーシェパードとかいいかも。

中国人や韓国人はイヌを食うから、反犬食団体ドッグシェパードとか。

2011年6月16日 (木)

メディア統制

言語学者であり活動家(?)のノーム・チョムスキーの「チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント」を見ました。今回の東日本大震災で生じた原発事故の報道はまさしくチョムスキーのいう恣意的な情報の選択であると思われます。ただ、本当の悪意に基づく情報の偏りと言うよりは、行動分析学的にみた、「ある種の行動の強化」がその基盤にあるのではないかと考えました。つまり、トップと考えられる政府、あるいは広告主である東京電力があり、それらに対していい顔をしたいあるいは広告を減らされたくないTVや新聞社の社主の顔色を伺って報道内容を知らず知らずのうちに選別してしまう。つまり、政府や東京電力に都合の悪い情報を減らしたり隠す行動が強化されてしまう(かなり途中をはしょってますが)。

誰かが批判してましたが、原子力村を構成する東大出身者たちも、結局は自分より上位の人にいい顔をしたいという(あるいは嫌われたくないと言う)ことが現在の行動を強化していたのでしょうか?行動分析学の専門家による意見が聞きたいものです。

2011年3月17日 (木)

原子力

”原子力”ずいぶん昔から魅力的な響きを持った言葉・概念だと思っていた。若い頃は”原子力”に魅せられて、一時は原子核物理学を研究したいとさえ思ったものだ。しかし、現実的には原子力は、核兵器と原子力発電に用いられているのみと言っていい。核兵器は原子力の単なる開放でしかなく、(安全に製造するまでには手間がかかるかもしれないが)単純な核分裂連鎖反応で創造的なものではなく、単なる破壊しか生み出さない。また原子力発電にしても、結局は原子力で湯を沸かして、その蒸気で発電機のタービンを回すだけの、「原子力蒸気発電」でしかない。原子力発電所は原始力発電所だ。核分裂連鎖反応の制御が難しいのであれば、核分裂を起こさずに、放射性物質のみを用いて太陽電池パネルのような半導体にくっつけて発電するような方法を取れば、核物質の種類に応じた長い寿命を持った核燃料電池を作ることができるだろうに。人類の英知はいったいどこに行ったのか!?

福島第一原子力発電所を冷却する方法として、レーザー冷却はまだ技術的に使えないのだろうか?この方法ならばかなりはなれたところからでも冷却が可能なのではないだろうか?技術的な詳しいことを知らないので、間違っているかもしれないが、有望な方法ではないだろうか?