無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

心と体

2014年7月 3日 (木)

傷の治療

最近、傷の治療法が変わってきている。
今までは、傷はかならず消毒薬で消毒してからガーゼで覆っていた。
でも、消毒薬は、個体の傷の治癒力を妨げることが分かってきた。
それで、ちょっとしたすり傷などは、きれいに水洗いをして、密閉することが勧められている。
実際に、私個人の傷の治療は、よほど出血が激しくない限りは、
水洗いして、安売りの防水傷テープを貼るだけである。
だいたい3日で薄皮ができて、治癒が始まる。
そのあと数日は、保護のためにテープを貼り続けているが、それでよくなる。