無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

学問・資格

2014年7月 6日 (日)

本物

今までに本物と思える人物にはあまり出会ったことがない。 知り合いが少ないということなのかもしれない。 でも、本を読んで、その著者が本物と思ったことがある。 一人は今は亡き数学者の岡潔さん。 この方の書いた「日本のこころ」を読んで、この人は本物だと思った。勝手な思い込みなのだろうが・・・

文化勲章をもらった際にインタビューを受けて

「年金をもらえるのでお金の心配をしなくて済む」というようなことを言ったという。

もう一人は、存命中だが、まったく面識のない渡部昇一さん この人の「知的生活の方法」を昔読んで感銘を受け、近頃では、「講談・英語の歴史」や「英文法を撫でる」 に感銘を受けたというか、読んでいて面白い。この人も本物だと思う。 とくに最近の日本史の本は読んでいて楽しい日本史である。どちらも日本のことを真剣に考えている。

2011年3月17日 (木)

原子力

”原子力”ずいぶん昔から魅力的な響きを持った言葉・概念だと思っていた。若い頃は”原子力”に魅せられて、一時は原子核物理学を研究したいとさえ思ったものだ。しかし、現実的には原子力は、核兵器と原子力発電に用いられているのみと言っていい。核兵器は原子力の単なる開放でしかなく、(安全に製造するまでには手間がかかるかもしれないが)単純な核分裂連鎖反応で創造的なものではなく、単なる破壊しか生み出さない。また原子力発電にしても、結局は原子力で湯を沸かして、その蒸気で発電機のタービンを回すだけの、「原子力蒸気発電」でしかない。原子力発電所は原始力発電所だ。核分裂連鎖反応の制御が難しいのであれば、核分裂を起こさずに、放射性物質のみを用いて太陽電池パネルのような半導体にくっつけて発電するような方法を取れば、核物質の種類に応じた長い寿命を持った核燃料電池を作ることができるだろうに。人類の英知はいったいどこに行ったのか!?

福島第一原子力発電所を冷却する方法として、レーザー冷却はまだ技術的に使えないのだろうか?この方法ならばかなりはなれたところからでも冷却が可能なのではないだろうか?技術的な詳しいことを知らないので、間違っているかもしれないが、有望な方法ではないだろうか?