無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

« SMON | トップページ | 心マ唄 »

2016年3月 9日 (水)

軍茶利明王健康法

軍茶利明王とは、クンダリニーの音訳だそうだ。

その昔読んだ桐山靖雄氏の「密教」という本に書いてあった。

クンダリニーは尾骨(通称は尾骶骨といわれる)のあたりに存在していて、

それが覚醒すると、脊髄を上昇し、チャクラを解放するということらしい。

チャクラは若い人には漫画の「ナルト」でおなじみであるかもしれない。

桐山氏によるとクンダリニーが覚醒するときには尾骨がグッと持ち上がるような

はがれるような感覚があるということだが、真言宗密教の大阿闍梨なる人が

行ったような修業をすることのできない凡俗の身では体験することはできない。

これに少しでも近づくことができるように尾骨をグッとそらすように(要するに

腰と背中を伸ばして)姿勢を正すと、何となくその感覚が味わえそうな感じになる。

ただし、この姿勢を続けるのはかなりきつい。実は中年になって腹囲がかなり

大きくなってきていたので、半分は腹囲を減らしたいという気持ちがあって、

数年前のある時に腰と背中を伸ばすようにし始めて、この頃ようやく慣れてきた

ところだった。腹囲も5-6cmは減ったようだが、最近になって桐山氏の記述が

思い出されるようになってきたのだ。尾骨をそらして腰を伸ばす姿勢は、

クンダリニーの覚醒の状態に似ているのではないかと思ってしまったのだ。

今のところ体調はいいのだ。

« SMON | トップページ | 心マ唄 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍茶利明王健康法:

« SMON | トップページ | 心マ唄 »